日本でのハイドロキノンの歴史

banner 近年ハイドロキノン化粧品は、美白効果があることで話題となり、日本でも多くの女性の間で使用されるようになりましたが、ハイドロキノンは少し前までは薬事法により化粧品などへの使用が長年禁止されていたため、日本でのハイドロキノン化粧品の歴史はまだ浅いものとなっているのです。
ハイドロキノンが化粧品として作られるようになったのは、2000年にそれまでの規制が緩和されてからで、したがって、ハイドロキノン化粧品が日本で使われるようになってからはまだ10年ほどの歴史しかないのです。しかし実は昭和30年以前は、ハイドロキノンには規制が設けられていなくて、規制されるようになった理由が、それまで使用されていたハイドロキノンベンジルエーテルという薬品により、肌の一部が真白にはる白斑という肌トラブルが頻繁に起きたため、厚生労働省がハイドロキノンベンジルエーテルを化粧品へ配合することを規制して、それと同時にハイドロキノンにも規制がかけられました。実際にはハイドロキノンベンジルエーテルとハイドロキノンは別物で、ハイドロキノンの方の作用は穏やかなのですが、その時に一緒に規制されたために、ハイドロキノン化粧品の歴史は、アメリカなどの海外に比べて浅いものとなっているのです。

注目コンテンツ

ハイドロキノン化粧品の効果

記事をみる

ハイドロキノンの濃度

記事をみる

おすすめのハイドロキノン化粧品

記事をみる

Copyright(c) ハイドロキノン化粧品で美白を手に入れよう!. All Rights Reserved.